併用することで効果抜群

yellow brick vial

ペニスの感覚を麻痺させることで、膣圧などの直接的な刺激を逃す効果のあるリドカイン。
そして射精の原因となるノルアドレナリンの活動を抑制してくれるセロトニンを分泌させるダポキセチン。
性的興奮はあまりしないけど、直接的な刺激には弱いという人はリドカインを、直接的な刺激には耐えられるけど精神的な興奮に弱いという人はダポキセチンが最適です。
しかし、早漏に悩む方の中には両方の要素が合わさって早漏になってしまっている場合もあるのです。
リドカインは外用薬、ダポキセチンは内服薬なので、併用しても問題はありません。
つまり、W使いをすることで、精神的な興奮にも、直接的な刺激にも耐性が付き、あらゆる早漏を改善できます。
リドカインは麻酔にも使われている成分ですし、ダポキセチンは神経に作用する成分なので、問題はないとは言え、両方を使用することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。
しかし、外用薬であるリドカインはほとんど副作用はありませんし、
ダポキセチンは効果は1.2時間と、非常に短いために薬の効果が早く切れる分、副作用が少ないことで知られています。
また、ダポキセチンは抗うつ剤として使われることもあり、服用すると緊張をほぐし、リラックスさせてくれます。
まだ経験が浅く、緊張で思うようにセックスができないという人にもおすすめですよ。
リドカインはセックスをする約1時間前にペニス全体に塗っておき、同じタイミングでダポキセチンも服用しておけば、ちょうど良いタイミングで効果を発揮し、射精時間を延ばしてくれます。

早漏に悩みを持っているのであれば、これらの治療薬を上手に活用して楽しいセックスライフを送りましょう!