麻酔にも使われている

the man is thinking

早漏防止グッズというと沢山ありますが、中でも早漏防止スプレーと早漏防止クリームが有名です。
ほとんどの早漏防止グッズには、リドカインなど感覚を麻痺させる成分が配合されています。
ペニス全体にリドカインの成分が配合されたスプレーやクリームを塗布することで、
一時的に感覚を麻痺させ、刺激に耐えうる状態を作ることができます。
このリドカインは病院でも、局所麻酔などに使われる成分なので、ペニスのような敏感な部分に塗布することに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、もちろん麻酔として使われるよりはるかに少量を塗布するので安全です。
このリドカインを用いた早漏改善策は、過敏性早漏とよばれるタイプの早漏に特に大きな効果を発揮します。
例えば仮性包茎の人の場合、亀頭はずっと皮に覆われている状態で、普段は刺激から守られている状態だからこそ、普通の人よりも亀頭への刺激に対して非常に敏感なんです。
ですから、性的な刺激が加わると、強い刺激も耐えきれず射精してしまうため、早漏になってしまうんですね。
また、性経験があまりほとんどないという人も同様です。
これまで与えられていなかったような強い刺激が加わることで、耐えれずに射精してしまいます。
リドカインの働きによって一時的に感覚を麻痺させることで、刺激を感じづらくして射精までの時間を延ばすことができちゃうんです。
ただ、早漏を早く改善したいからといってスプレーやクリームを塗りすぎてしまうと、
性的な刺激を全く感じなくなってしまい、射精までの時間を延ばすどころか遅漏になってしまう可能性もあるので十分に注意して下さい。
さらに、リドカインを塗布してコンドームを着用せずに挿入してしまうと、女性にも麻酔作用が働いてしまうので、女性が全く感じなくなってしまうこともあるので、リドカインを含んだスプレーやクリームを使用する場合は、必ずコンドームを着用してセックスを行って下さいね。